コンビ お湯でコットンおしりふきLV

スポンサーリンク

赤ちゃんのお尻を拭く際のコットンを暖かいお湯でつけて拭いてあげたいけど、毎回お湯を準備するのは面倒・・・と思っていた時に出会った「コンビのお湯でコットンおしりふきLV」。

コンビ お湯でコットンおしりふきLVのパッケージ

(商品のパッケージはこんな感じです)

赤ちゃん本舗で購入した「お尻拭き」がイマイチ赤ちゃんの肌質にあわなかったみたいだし、水拭きのようになってしまいますから冷たいのも赤ちゃんにとっても嫌だったのかなと今では思っています。

こちらの商品には、お湯の保温を維持するヒーターがついていますので、一旦電源をONにしておけば、常に適温のお湯をキープできますし、コットンをポンプの上の部分に押し込めば1プッシュで適温のお湯で湿らせることが出来ちゃいます。

コンビ お湯でコットンおしりふきLV

(左はコットン、右にお湯。最近では、オーガニックコットンのお尻拭きも入れてます)

ポンプの横には、新生児が1日使うくらいのコットンが入るスペースが用意されていますので、このアイテムを用意しておけば簡単にお尻をきれいに出来ちゃいます。

病院ではお湯に湿らせたコットンで赤ちゃんのお尻を拭いてあげていたんだけど、この「コンビ お湯でコットンおしりふきLV」があればその時と同じ状況を作ることが出来るのです。

2つの場所で使うのにも、お湯でコットンおしりふきLVは最適

我が家では日中はリビングで過ごして、夜は寝室に行きますので、おむつ替えを二つの場所で行っているのですが、こちらのアイテムはフタを閉めれば持ち運びが簡単に出来るから場所を選ばずにお湯付きコットンを使うことが出来るんです。

コンビ お湯でコットンおしりふきLV

スポンサーリンク

また、片手で作業が出来てしまう所も便利だと思います。

赤ちゃんのお尻拭きにコットンを使われていて、お湯で湿らせたいと思っている方は是非購入してみてください。

ちなみに、こちらのコンビ お湯でコットンおしりふきLVは、一日の電気代は約3.5円と格安ですので、一ヶ月間使い続けていても100円程度ですから家計にも優しいと思います。

追記:フタが割れてしまったときの対処

赤ちゃんが大きくなって自分で歩けるようになり、見る物すべてを触ってみたくなるようになると・・・このような悲劇も起こります。

一応お湯が出るものになっているので、手の届かない場所に置くようにしていた「お湯でコットンおしりふきLV」ですが、なんと、コンセントの線をひっぱってしまい、床に落下。

その結果、フタの部分が見事に割れてしまったのです。

お湯でコットンおしりふきLVのフタが割れた

使えない状態になったわけではなく、テープで補強をすれば、良いと言えばよいのですが・・・

お湯でコットンおしりふきLVのフタが割れた

そのテープすらも、息子がはがしてしまってけがをしてはいけないと思い、そろそろ買い替えかな・・と旦那様と相談をしていたところ、なんと、 お湯でコットンおしりふきLVのフタのみを販売しているページを見つけたんです!

そう、販売元のコンビの公式ページです。

結果、500円(+税)と非常にお値打ちに手に入ったので、買い替えをしなくても済みました。

同じようなトラブルに見舞われた際には、コンビの公式サイトにてフタのみを購入するようにしましょう!

1才と4ヶ月を過ぎても現役で、毎日使っている「お湯でコットンおしりふきLV」。

本当にお勧めの商品です。

スポンサーリンク