子供は最高!しまじろうプレイパークを平日初日に体験してみた口コミ

スポンサーリンク

2018年3月7日から日本モンキーパークで開催されている「しまじろうプレイパーク」に行ってきましたので、体験レポートを紹介します!

若干のネタバレも含まれていますので、ご容赦くださいませ。

駐車場は周辺駐車場を利用して、1日500円でした。

日本モンキーパーク周辺駐車場

当日は、朝の9:50分頃に日本モンキーパーク周辺に到着。

一応民間の駐車場を探してみると、なんと1日500円で止めることが可能となっている駐車場が、ほぼ公式駐車場と目と鼻の先にありました。

事前に調査していた口コミによると、間口が狭い・危ないなどの情報があったので、モンキーパークの公式駐車場に駐車しようとしていましたが、50メートルあるかどうか?くらいの距離でしたし・・・間口も駐車スペースも、めっちゃ広かったので、そのまま駐車してしまいました。

結果良かったと思っています。

日本モンキーパーク周辺駐車場

(駐車スペースは物置の奥です)

料金は先払いで「17:30には出てください」と言われただけで、すんなり駐車することができました。

日本モンキーパーク駐車場

なお、公式駐車場の料金は1000円となっていましたので、民間の方がお得ですね。

日によっては、動物園が定休日になることもあるようですから、動物園も行かれる予定の方は、事前チェックが必要です。

しまじろうプレイパークの料金割引はなし!再入場が出来ないのは問題!

日本モンキーパークに入場するのに、まずはチケットを購入します。

※しまじろうプレイパークのチケット自体は、プレイパーク前で購入することになります。

日本モンキーパークチケット

日本モンキーパークのチケット・パスポート料金の詳細はこちらを参考にどうぞ。

年間パスポート 大人(中学生以上) 16,000円
小学生 13,000円
幼児(2才以上) 9,000円
入場料 大人(中学生以上) 1,100円
子供(2才以上) 600円
ワンデーパスポート 大人(中学生以上) 3,500円
小学生 3,000円
幼児(2才以上) 2,300円

我が家の場合は、先日紹介したラインのお友達作戦にて、大人500円、子供100円にて入場することができましたので、結果的には半額以下絵入場することが出来ましたが・・・通常料金での入場となると結構高いですね。

日本モンキーパークチケット

日本モンキーパーク大人の割引価格チケット、なんと1100円が500円になりました。

日本モンキーパークチケット

こちらはもっと驚きですが、600円の子供チケットが、100円に・・・恐ろしい割引チケットですよね。

割引チケットを手に入れたい方は、こちらの「しまじろうプレイパーク(場所:日本モンキーパーク)の割引チケットや内容とは?」を参考にしてください。

補足
こちらの記事では「しまじろうプレイパーク」の感想を記事にしているため、日本モンキーパーク内のアトラクションについては、それほど紹介していませんが、実際に子供を3才の連れて行ってみたところ・・・日本モンキーパーク自体も結構に楽しめる空間になっていたので今後も定期的に行ってみようかと思っています。

そういった意味でも、割引チケットが手にはいる上記内容はぜひ登録しておくことをオススメします!

しまじろうプレイパーク

こちらは、日本モンキーパーク内においてあった「しまじろうプレイパーク」のチラシです。

しまじろうプレイパーク

会場は日本モンキーパーク内の「催事館」で行われています。

催事館はこの奥にある建物です。

 

ちなみにモンキーパーク内は、ほとんど天井がありませんので・・・、日差しがある日だと結構暑くなると思います。

今度は薄着で行こうと思うので、エルセーヌの500円で体験出来る「合計-8cmやせる体験」に行ってからにしようかな・・・と思ったりしてます(笑)

しまじろうプレイパーク

こちらが「しまじろうプレイパーク」の入り口です。

あれ?初日の朝一なのに・・・閑散としている・・・・と、ちょっと衝撃でしたが、こんな感じです。

しまじろうプレイパークのスケジュール

しまじろうプレイパーク、ちゃれんじひろばのタイムテーブルはこんな感じでした。

こちらをベースに、一日子供を遊ばせてやろうと思っていたのですが・・・チケット売り場にて恐ろしい情報を得てしまいました。

しまじろうプレイパークのチケット

催事館の入館料は大人も子供も関係なく1才以上400円なのは良しとします。

「再入場はできません」・・・・というのも、仕方がないとは思うんです・・・・。

でも!

何とトイレが催事館の中に無いにも関わらず、再入場は禁止となっていたことはどうなんでしょう?

 

トイレには行くなってことです。これは恐ろしいですよね。

 

しかも、中では飲食禁止。

休むようなスペースも一切なしです。。。。

これはひどい内容だと正直言って、思ってしまいました。

おむつはずしのトレーニング中の子供もいるだろうし、脱水症状になってしまう子供がいでもいいのでしょうか?

 

3才となる息子さんは朝の10時くらいから遊び始めまして、12:30くらいには疲れてきてしまい終了です。

結構運動もできて、素敵な空間だったので、はしゃぎまくり。

そうなると、喉が乾いてきますし、トイレにも行きたくなりますから・・・2時間程度が限界なわけ。

 

次回以降の「しまじろうプレイパーク」の場所・会場では、再入場は禁止だったとしても、「トイレ」と「お茶」くらいは、子供だけでも可能にしてあげて欲しいですね。

 

 

あと、受付のおばさんの対応がとにかく最悪でした。

この人がベネッセの人なのか、バイトの人なのか、モンキーパークの人なのかはわかりませんが、とにかく最悪。

よくこんな人が受付をやってるなぁーと思うくらいの愛想の悪さと説明不足・・・・。

気分はサイテーでしたが、子供の手前、そんなことは感じさせないように切り替えました。

他のスタッフさんはちゃんとしていたのに・・・残念でなりません。

しまじろうプレイパークのチケット

なお、子供用のチケットにはこんな特典もついていました。

催事館入管特典として乗り物回数券1000円分を700円で購入できるチケットは、今回使わせてもらいましたが結構お値打ちで助かりました。

しまじろうプレイパークのチケット

あとは、しまじろうプレイパーク内で行えるスタンプラリーの用紙です。

しまじろうプレイパークのチケット

各ブースにスタンプを押せる場所があるので、全てのスタンプを押したらコンプリートになります。

全部押したからなんだってわけではないんですけど、押しているだけで子供は喜んでくれます。

しまじろうプレイパークの内容は?子供には最高の空間でした

ちゃれんじしま

ということで入場。

壁面などには、しまじろうが住んでいる「ちゃれんじじま」の情報であったり、

しまじろうの友達

しまじろうと、ちゃれんじじまの仲間たちの情報がしっかり。

しまじろう独特の空間に仕上がっているところは、さすがベネッセさんです。

しまじろうプレイパークスタンプ

スタンプラリーを行なっている様子はこちらです。

各ブースに1つずつスタンプを押せるスペースが用意されておりますので、思い出作りに押して行きましょう。

しまじろう

写真を撮るスペースとして、しまじろうの等身大フィギュアがおいてあったりしますので、記念撮影は結構楽しめます。

等身大フィギュアは、ガオガオさん。

みみりん。

トリッピー

とりっぴい。

にゃっきい

にゃっきい。

はなちゃん

はなちゃんなどの人気キャラクターの全てが用意されています。

全部の場所で写真撮影をしたら、きっと思い出になりますね。

しまじろうのちゃれんじ園の感想・口コミ

しまじろうのちゃれんじ園

最初に訪れたのは、しまじろうのちゃれんじ園。

こちらでは、ちいさなこどもがあそべるような遊具が色々と置いてありました。

しまじろうのちゃれんじ園

こちらは、しまじろうの水でかける!ぬりえです。

おともだちキューブパズル

こちらはおともだちキューブパズル。

ひらがなパズル

ひらがなパズル。

こどもちゃれんじ輪投げ

続いて、輪投げなどもありました。

正直言ってこの辺りの遊具については直ぐに子供は飽きてしまいましたが・・・それなりに楽しんでいるように感じました。

スポンサーリンク

はなちゃんの遊び場の感想・口コミ

はなちゃんの遊び場

続いて、はなちゃんの遊び場です。

はなちゃんの遊び場

こちらでは大きなボールプールはまだまだ難しい、1歳くらいの子が遊べる遊具として、小さめのボールプールと、ブロックが用意されていました。

はなちゃんの遊び場

兄弟がいて別々に遊ばせる場合などは、結構使えそうです。

はなちゃんの遊び場

うちの息子は大きめのブロックで、そこそこ遊んでいましたが、こういった姿も結構可愛いものですね。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸の感想・口コミ

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

続いて、にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

大型のバルール遊具としては、最大級の大きさかも!と感じた、にゃっきいのドキドキ森・ちゃれんじ海岸はとっても面白い遊具でした。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

子供と一緒に大人もはいっていけます。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

木も地面も、何もかもがバルーンなので安全です!

人が多かったら楽しくないかもしれませんけどね。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

ボールプールは大きめ!ボールも新しいから衛生面も安心。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

中央にあるクジラがなんとも言えない可愛らしさ!

3歳の息子には「しまじろうプレイパーク」内で一番のヒットになっていまして、何度も戻っては遊びまくるような状態でした。

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸

にゃっきいのドキドキ森、ちゃれんじ海岸の注意点はこんな感じですので、こちらもチェックしておきましょう。

ちゃれんじひろばの感想・口コミ

ちゃれんじひろば

ちゃれんじ広場ではスクリーンに投影されている「しまじろう」と触れ合えるとのことでしてが、バグも発生していたのか、何も楽しめず。。。子供は逃げてしまいました。

ちゃれんじひろば

ベネッセさん?大丈夫かなぁと思いましたが、慌ててスタッフの方がプレイしているところ見せて、なんとか成立。

これは・・・失敗だと正直思います。

ちゃれんじひろば

途中、しまじろうに会える時間があったので、ちゃれんじ広場に行ってみると、、結構な人だかり!

ちゃれんじひろば
写真でも撮れるかなぁと思って子供と近づくと、ハイタッチしてるところを上手く撮影してくださいとのことでした。。。

なんじゃそりゃと思っていたらそのまましまじろうは移動を始めました・・・。

うーむ。どーなんでしょう。これは。。。。。

ガオガオさんのふしぎどうの感想・口コミ

ガオガオさんのふしぎ堂はサイエンスな雰囲気たっぷり。

ガオガオさんのふしぎどう

こんな感じのパイプでんわがあり、子供も楽しそうにしていました!

続いては、きんぞくはどれかな?のコーナーです。

左側にある金属探知機を使って、壁面にある金属のイラストをタッチする遊びです。

ガオガオさんのふしぎどう

金属にタッチすると、ピコーン!と正解音が鳴りますので結構楽しめます。

きみはなんにん?かがみのかべ

きみはなんにん?かがみのかべのコーナーでは鏡を使った不思議体験ができます。

きみはなんにん?かがみのかべ

鏡の世界はこんな感じ。意外と楽しそうにはしていました。

ガオガオさんのふしぎどう

踏むと音が出る「けんけんけんばん」は反応が悪すぎて楽しめず。。。。

触って探そう生き物ハンターでは、黒い部分が温感シートになっているので、体温を伝えると生き物が出てくる・・・というものでしたが、

ガオガオさんのふしぎどう

館内が寒すぎて、子供がしばらく触っていても全然生き物が出てこない・・・・。

一応自分は手が暖かいタイプだったので、温感シートに手を当ててみると出てきましたけど、反応が悪い感じです・・・・。

右下にある温風が出るようにはなっていますが・・・・館内が寒すぎるのがダメなんでしょうね。残念。

ガオガオさんのふしぎどう

きみのげんきどチェックは手を当てると元気度が測れるもの。

子供と一緒に、どちらが反応が高いかを勝負してみました!!!

ガオガオさんのふしぎどう

マイクに向かって言葉を発すると、ロボットの声になるボイスチェンジは面白かったです。

高い声、低い声の二つがありますので、色々と楽しんでみましょう!

とりっぴいのおうちの感想・口コミ

とりっぴいのおうち

思わぬヒットはとりっぴいのおうち。

とりっぴいのおうち

木のおもちゃがいつくか置いてあり、ボールを転がす楽器、木でできたパズルなどを自由に触れます。

とりっぴいのおうち

3才の息子さんはここが気に入ったのかしばらく動かずに色々と遊んでいました。

みみりんのちゃれんじしょうてんがいの感想・口コミ

ちゃれんじ商店街

みみりんのちゃれんじしょうてんがいでは、お買い物ごっこを楽しめるエリア。

ちゃれんじ商店街

お店の人、お客さんといった設置をすることで、「なりきり遊び」を楽しむことができるようになります。

ちゃれんじ商店街

スーパーでは様々な商品を買い物カゴに入れて「お買い物」を楽しむことができるようになっています。

ちゃれんじ商店街

こちらが買い物カート。

ちゃれんじ商店街

あとはアイスクリーム屋さんもありました。

こどもちゃれんじで学んでいることが生かせるとあって、結構こちらのコーナーは楽しんでいる様子でした!

なお、パン屋さんとスーパーにはレジもあって、お会計ごっこも出来るようになっていました。

が・・・、正直いって「こどもちゃれんじ」でついてきた教材のレジの方が高性能だったりと、若干の中途半端感が否めない感じではありました。

しまじろうのプレイパークの口コミのまとめ

しまじろうプレイパーク

実際に体験してきた「しまじろうプレイパーク」の口コミについてまとめてみると、子供は結構楽しめる空間だったと思います。

一人400円であれば十分な空間でしたし、笑顔になってくれてよかった!※モンキーパーク入園料は別

また、しまじろうのプレイパーク内の限定商品も売られていましたし、通常なら送料がかかるような商品もその場で買えちゃいますので、しまじろうファンのご家庭だったら行ってみて損はないと思います。

 

 

ただ・・・思っていたよりも・・・詰めが甘い印象のイベントになっていましたので・・・ムムム!な気持ちも多少あります。

あと、会場内の人数が少なかったので楽しめましたが、この会場の規模で、混雑した場合には・・・入場制限などをしない限りは、かなり厳しいと思いますので、この辺りは土日にいかれる方は覚悟が必要かも。

あと・・・やっぱり会場内のトイレなし、飲食禁止で再入場不可は・・・いささか疑問です。

 

というわけで、日本モンキーパークで開催されている「しまじろうプレイパーク」の体験レビューでした!

これから「しまじろうプレイパーク」に遊びにいかれる方の参考になれば嬉しいです!

 

日本モンキーパークの割引チケットを手に入れたい方は、こちらの「しまじろうプレイパーク(場所:日本モンキーパーク)の割引チケットや内容とは?」を参考にしてください。

 

スポンサーリンク