熱狂!ラグーナテンボスのイベント「ASL熱き兄弟の絆」の口コミ

スポンサーリンク

ワンピース好きなら行って損はない!

ラグーナテンボスイベント「ワンピースASL熱き兄弟の絆」へ行ってきました!

サウザンド・サニー号のクルーズ

テレビCM等もやっていたので気にはなっていたものの 中々「ラグーナテンボス(旧ラグーナ蒲郡)」へは行っていなかったのですが、
1歳になった息子さんがワンピースが好きになったことをキッカケにチケットを入手していってきたのです。

ワンピースのチョッパー

そんなラグーナテンボスの大イベント、
「ワンピースASL熱き兄弟の絆」および「サウザンド・サニー号クルーズ」の感想を
写真付きで紹介したいと思います。

正直言って、ラグーナテンボス自体は昼間は閑散としていまして、
ワンピース関連のイベント以外は見るところはありませんでしたが・・・
夜はイルミネーションがとてもキレイだったので
一日を通して考えてみると、とても楽しかったと思います。

お子様がいらっしゃる方で、ワンピースファンの方は是非足を運んでみてください。

ラグーナテンボスのイルミネーション

水辺に浮かせる形で電飾を取り付けているので、めちゃんこきれいですよ。

ラグーナテンボスのイベント「ワンピースASL熱き兄弟の絆」のチケット情報

まず初めにラグーナテンボスのチケットに関する情報ですが、大きく分けると2種類があります。

  • 入場券(入園のみ)
  • パスポート(乗り物に乗り放題)

と言った感じです。

ラグーナテンボスのチケットの種類

(チケットの価格などは、こちらの写真を参考にどうぞ)

我が家の息子さんは、まだ歩き始めたばかりなので、
ラグーナテンボスの中にある遊園地の乗り物には乗れませんから入園券を手に入れる事を念頭におきました。

そして、

イベント「ワンピースASL熱き兄弟の絆」に入場する為のチケットと、サウザンド・サニー号のクルーズ券を手に入れる必要がありました。

通常は、「ワンピースASL熱き兄弟の絆」へ参加するには別途料金として600円が必要となってくるのですが、
実はセブンイレブンで限定販売されているチケットを手に入れれば、
100円引き+オリジナル缶バッジも手に入ることがわかりましたので、
我が家はセブンイレブンにてチケットを申し込みました。

ワンピースの缶バッチ

(こちらがオリジナルの缶バッジです)

受け取りは、セブンイレブンではなく、
ラグーナテンボスのチケット引換所にて頂けるものとなっていました。

セブンイレブンのチケット発券機

「ワンピースASL熱き兄弟の絆」付きのチケットをとるためには、
セブンイレブンの店内にある、コピー機の右側にある機械で申し込みましょう!

我が家の場合は、「サウザンド・サニー号のクルーズ」も一緒に行う予定なのでチケットとしては、
ワンピースイベント特別サウザンド・サニー号クルーズ付入園券を購入する事になりました。

2016年に入ってからは、サウザンド・サニー号はメンテナンスに入っていたので、
こちらのチケットは予約できなかったのですが、2月11日より販売が開始となっていました。

サウザンド・サニー号のクルーズはワンピースファンなら一度は乗ってみてほしい

ワンピースファンなら、見るだけでワクワクしてしまうサウザンド・サニー号。

サウザンド・サニー号

そんなサウザンド・サニー号に、ラグーナテンボスに来れば乗車できてしまいます。

サウザンド・サニー号のアップ

しばらく見ていると、ルフィの声がしながら「ガオン砲」も発射されますw

ラグーナテンボスのイベントのウソップ

中に乗船すると、ウソップがいました。クオリティの高さに驚きます。

ラグーナテンボスのイベントのウソップの工場

ウソップの工場も簡単に紹介されています。

ラグーナテンボスのイベントのウソップ

近くによって見てみましたが、これまたリアルでした。

ラグーナテンボスのイベントのチョッパー

続いて発見したのはチョッパーです。

チョッパーの等身大フィギュア

さすがの人気で、子供たちが周りを囲んでいましたので、写真を撮るのが大変でした。

チョッパーの部屋

チョッパーのエリアには薬や思い出の写真などが飾ってありました。

ラグーナテンボスのイベントのサンジ

続いて、黒足のサンジ。ステッキ眉毛もしっかりと表現されています。

サンジの等身大フィギュア

身長が180cmの設定のサンジでしたが、こちらはもっと大きかったような感じです。

サンジのキッチン

料理人らしく、キッチンの設定となっていました。

サンジの冷蔵庫

憧れだった?鍵付きの冷蔵庫もありました。

サンジの冷蔵庫

冷蔵庫の中には肉が入っています。リアルな作り・・・

サンジの冷蔵庫

冷蔵庫を開けない方が結構いたので、是非開けていってくださいね。

サウザンド・サニー号の水槽

この部屋の奥には、水槽がありました。映像ですが魚が泳いでいます。

ラグーナテンボスのイベントのロビン

その後、上の階にあがっていきますと、ロビンがお迎えしてくれました。

サウザンド・サニー号クルーズの様子

そうこうしている内に、サウザンド・サニー号は出向します。
この日は波も穏やかだったので、船酔いがひどい自分には安心でした。

サウザンド・サニー号クルーズの様子

船が出ると直ぐに、ドフラミンゴとローの戦いのシーンがありました。
遠くてよくわからなかったのが正直な印象でしたが、船を下りたあとに見に行くと結構な迫力です。

ドフラミンゴの等身大フィギュア

こちらが近くに寄った写真です。ドフラミンゴめちゃ大きかったです。

ローの等身大フィギュア

ローはカッコいいですよね・・・。
と・・・船内に戻ります。

サウザンド・サニー豪の食事

船内には宴の準備でしょうか?料理が並んでいました。

ワンピースのナミの等身大フィギュア

憧れの女性、ナミさんもいました。可愛いですね。

ワンピースのナミの等身大フィギュア

等身大フィギュアとしてみても、素敵です。

ワンピースのゾロの等身大フィギュア

船の甲板に出てみると、胸に大きな傷がある腹巻の男に出会いました。

ワンピースのゾロの等身大フィギュア

もちろん、ゾロです。あまり人気がないのか・・・ぜんぜん人がいませんでしたw

ワンピースのフランキーの等身大フィギュア

そのまま船首のほうに向かうと、フランキーがいました。

ワンピースのフランキーの等身大フィギュア

とにかくでかいです。迫力が他のキャラクターとは違いますね。

ルフィの手

続いて紹介するのは・・・この拳の持ち主です。

ワンピースのルフィの等身大フィギュア

そう、ゴムゴムの実を食べたルフィです。

ワンピースのルフィの等身大フィギュア

スポンサーリンク

胸の傷もしっかりとありました。
船首ということで風も心地よい場所にいることもあってか、
圧倒的な人気で、周りには人が沢山いました。

サウザンド・サニー号の舵

船の舵をまわすことが出来ます。当然船が動かせるわけではないですが、
子供はめちゃんこ喜びますw

サウザンド・サニー号の船首

サウザンド・サニー号の船首から見る景色もなかなかですよ。

ワンピースのブルックの等身大フィギュア

ヨホホホーでおなじみのブルックもいました。大きいです。

サウザンド・サニー号の図面

船内には、船の図面。

ルフィ、尾田栄一郎さんの原画

各キャラクターの設定のイラスト。

ワンピース、尾田栄一郎さんの原画

サウザンド・サニー号の特徴でもある、乗り物などの詳細。

ワンピース、尾田栄一郎さんの原画

これはチャンネル1の一人乗りのものです。

乗船時間は約40分くらいの航海でしたが、非常に気持ちよかったです。

中では色んなキャラクターが迎えてくれますので、暇を持て余す事もなかったですし、ほとんどの時間が写真撮影タイムとなりました。

他の家族も同様ですが、等身大のフィギュアと一緒に撮影する機会はなかなかないと思いますし、
比較的ゆったりと写真を撮ることが出来るので
ワンピースが好きな方であれば是非一度乗船してみてください。

ちなみに、僕が乗船した日は、祝日ということもあって、混雑するのかな?と思っていたのですが、だいたい50人くらいしか乗ってなかったので・・・余裕をもって船内を回ることができました。

事前に電話で確認をしてみたところ、休日であってもそんなに混むことはないとのことなんで・・・
平日に乗船すれば、もっと空いた状態でサウザンド・サニー号のクルーズを楽しめると思います。

トイレが近い方の為に耳寄りな情報としては、
サウザンド・サニー号には男女ともトイレが完備してありました。
自分もトイレが近い事もあって、事前に電話にて問い合わせをしていたのですが、その際には「船内にはトイレが無い」と伝えられていたので混乱しましたが、
実際にはちゃんとありましたので、ご安心ください。

ラグーナテンボスの混雑具合

ちなみに、ラグーナテンボスの園内は「祝日」なのにこんな感じですw

白ひげとエースの墓もあります

ちなみにですが、サウザンド・サニー号の乗船場所に行く前には、
白しげとエースの墓もありますので、ぜひチェックしてみてください。

白ひげの墓

こちらが白ひげの墓です。やっぱりでかいです。

ワンピース兄弟の盃

兄弟の盃もありました。

エースの墓

エースの墓もあります。帽子が特徴的です。

でんでん虫

その他、ワンピース関連グッズのショップに行くと、
ワンピースのでんでん虫も置いてあったりしますので、ファンはすべてを楽しみましょう。

ラグーナテンボスのイベント「ワンピースASL熱き兄弟の絆」の口コミ

熱き兄弟の絆を感動のシーンと共に体感しよう!というコンセプトで開催されていると聞いて、
どのようなイベント?ショーが繰り広げられるのかな?と思ってワクワクして行ってきました。

ワンピースASL熱き兄弟の絆のクエスト

そんな「ワンピースASL熱き兄弟の絆」は、入り口でクエストなるものを渡されます。

ここに書かれた内容をイベントの中で解き明かす事が出来ると、
オリジナルの入場証がもらえるという仕組みのようです。

ワンピースASL熱き兄弟の絆の映像

中に入ると、こんな部屋に通されました。

プロジェクションマッピングなどを使って、映像を楽しむことが出来たのですが、こちらの映像は結構な迫力になっていましたので、ワンピースファンなら楽しめると思います。

※当然ですが、映像などは撮影禁止と言われましたので、詳細は現地でお楽しみください。

ワンピースASL熱き兄弟のルフィ

外に出ると、ルフィ。

ワンピースASL熱き兄弟のエース

エース。

ワンピースASL熱き兄弟のサボ

サボの三人の等身大フィギュアがお出迎えしてくれています。

ワンピースASL熱き兄弟

中を散策していくと、ワンピースファン必見のデータ等が紹介されています。

ワンピースASL熱き兄弟

Dの名前を持つキャラクターがずらっと紹介されています。

ワンピースASL熱き兄弟_ポートガスDルージュ

エースの母親が、Dの名を持つことに驚いてしまいましたが・・・これは原作にも書いてあったのでしょうか。

ワンピースASL熱き兄弟

先に進むと少年時代のパネルなどがおいてありました。

ワンピースASL熱き兄弟の兄弟の盃

ワンピースファンなら誰しも知っている名シーンも再現。

ワンピースASL熱き兄弟のエース

トラを退治したところも・・・再現されてましたよ。

そして・・・、

「ワンピースASL熱き兄弟の絆」の会場内を一通り見まわして、
息子と写真をたくさん撮影し、最初の入り口で渡されたクエストをクリアしました。

クエストは誰にでもとけるような内容になっていて、
答え合わせが済むと、オリジナルの入場証がもらえます。

ワンピースASL熱き兄弟の入園証

映像を見て、撮影ポイントで息子と一緒にバンバン写真を撮って・・・・
トータルでかかった所要時間は時間は30分くらい。

正直な感想としては、もうちょっと何かあるのかな・・・と期待していたので、
不完全燃焼な感じでしたが、息子さんはキャッキャッと楽しんでくれていたから満足です。

ラグーナテンボスのイベントは夜も最高

ちなみにですが、これは見る予定はなかったものなんですが、
冬のラグーナテンボスには、もう一つ見るべきイベントがありました。
それは「イルミネーション」です。

ラグーナテンボスのイルミネーション

ここでは、360°3Dマッピングという事で、
どの方向をみても楽しめるプロジェクションマッピングを楽しめます。

ラグーナテンボスのイルミネーション

水面に映し出されたイルミネーションは、本当にきれいです。

ラグーナテンボスのイルミネーション

ツリーなどもきれいに点灯。
昼間は閑散としていたラグーナテンボスも、夜になるとカップルが沢山園内に集まってきました。

ラグーナテンボスのイルミネーション

水しぶきに映像をうつす技術なども必見です。
これは色んなイルミネーションを見てきましたが、初めての経験でした。

まとめ

1才4ヶ月の息子さんと遊びに行ってきた感想をまとめると・・・
ワンピース関連のイベントは、子供が興味を持っているのであれば、ぜひぜひ行ってみてもらいたいものとなっていました。

また、大人は隣接するアウトレットモールや夜のイルミネーション等も楽しめますので、
丸一日楽しむことが出来るスポットと言えるかと思います!

ただし・・・、大阪のUSJと比較してしまうとアトラクションや園内のクオリティーなどを見ても・・・
かなり低いとしか言いようがないといった印象を持ってしまいました。

  • 設備が古くなってしまっているが放置
  • ショップが閉店となっているまま
  • 乗り物はパスポートを持っていないと高い

等の改善点がある感じですね。

USJに子供と行かれるのであれば、
赤ちゃんと行くUSJツアー!チケットの購入方法や乗れるアトラクション情報満載!」をチェックしてみてください。

特に誕生日に合わせていかれるか検討されている場合にはお役に立てると思います。

ワンピースのイベントが無かったとしたら、正直言ってがっかりして帰ってきたと思います。

そんな感想を持っている人が多いから・・・祝日でも人が少なかったんだと思いますが、
これからドンドン改善して、
もっともっと楽しめる東海エリアを代表するレジャースポットにしてもらいたいですね!

スポンサーリンク