ビデオカメラの口コミ

スポンサーリンク

ビデオカメラは子供が生まれてから購入すればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実際に購入してみて思うことは妊娠が発覚したら直ぐにでも購入すべき必須アイテムです。
では、我が家が購入したビデオカメラを紹介します。

我が家の購入したビデオカメラはSONY

ソニー ビデオカメラ HDR-CX430V

さて、そんな私が購入したのは、
SONYのデジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-CX430V」です。
購入するビデオカメラの候補を選ぶ際には、家電批評のベストバイという雑誌を参考にしてプロの目から見てもオススメ度が高くて使いやすいものからまずは5点くらいに絞込みました。
そして、メーカーとしては口コミ評価が全体的に高いSONYとパナソニックとで悩んでいたのですが、最終的には実際にヤマダ電機で現物を見に行って、軽さとデザイン性にてSONYのビデオカメラに決めました。
SONYの「HDR-CX430V」は、高機能過ぎはしないけど低機能でもなく、価格帯としても高すぎず、安すぎないモデルで2014年年初当時ではベストバイのランキング上位に入っているようなビデオカメラで、一般の方の口コミの評価も非常に高いものでした。

お安く購入するには

出産準備品の中でも高い買物になりますので「価格.com」にて最もお安く購入できるサイトを調査したり、実店舗で購入した場合にはいくらになるか?などを購入前にしっかりと行いました。
結論としては、

  • 店舗で購入するよりもネットで購入した場合には5000円~1万円程度安く購入できる
  • メーカー保証の期間も変わらない

という理由で楽天市場で購入しました。
店舗での保証を充実させたい場合には、ヤマダ電機やエイデンなどで購入されても良いかとは思います。
なお、ネットショッピングの代表的なサイトである楽天市場とアマゾンの価格の比較を行ってみたところ、当時は若干アマゾンのほうがお値段的には安かったんですけど、楽天の場合には購入時に購入金額の10%分のポイントをいただけましたので、我が家は楽天市場で購入いたしました。

ビデオカメラを購入する際に気をつけること

最新式のビデオカメラを購入して頂ければある程度は問題なく使えるとは思いますが、聞いたこともないようなメーカーのものを購入するとすぐに故障してしまうケースがあるようなので、安いからという理由だけで購入はしないほうが良いと思います。
また、同じ動画有効画素数であったとしてもメーカーによって映り方が多少違いますので、店舗で撮影した映像を見てみるのがポイントです。
あとは、撮影したデータをある程度内臓ハードディスクに溜め込んでおける容量があるものを選ぶようにすると良いでしょう。
一応我が家では10年間は使う!と決めての購入なので、お腹が大きくなるところから小学生になったときの運動会も見越して「ズームをしてもぶれないか?」などもチェックしました。
他にも最新型のビデオカメラには、
ビデオカメラ自体がプロジェクターになって白い壁に映像を投影出来るものもありますし、大変美しい映像を撮影することが出来る4K用のハンディカム、サブカメラによるワイプ撮り等の機能が付いたモデル(ビデオ撮影してるお父さんの顔も小さな画面で同時に撮れる)もありますので、ご自身がビデオカメラを活用する場面を想像して必要な機能とそうでない機能を厳選して決めていかれると良いかも。

スポンサーリンク

妊娠初期にビデオカメラを購入して良かった点

ソニー ビデオカメラ HDR-CX430V

これは特に妊娠中の奥様にお伝えしたいのですが、安産祈願はもちろんのことお腹にエコーを当てている様子をビデオで残しておいたり、自分がお腹にいる頃のお父さんとお母さんの映像は生まれてくる赤ちゃんに対しての将来的なプレゼントにもなりますのでお勧めですよ。
それに、エコーを当てられてお腹の中を見ている映像は、祖父母に映像を見せてあげると目をキラキラさせながら「私の時代はこんなのじゃなかったわ」等と言いながら嬉しそうに見てくれます。
赤ちゃんがお腹の中にいてくれる時間も、一生で考えたらほんの僅かな期間です。
その貴重な時間は、やはり写真よりも映像で残しておけるなら残しておきたいすよね。

HDR-CX430Vの気に入っている点

最後に、HDR-CX430Vの特に気に入っている点を紹介しておきます。
実際に使い始めてから改めて感じたことではありますが、映像の手振れがないところが特にオススメポイントですね!
確かこのモデルはアメトークの家電芸人さんが手振れのしないビデオカメラとしても紹介していたものなので、手振れの機能については安心していたんですけど、撮影した映像をみて本当に感動しちゃいました。

ソニー ビデオカメラ HDR-CX430V レンズ部分

本体とレンズの部分が別々に動くような仕組みになっているので、これまでビデオカメラのように手振れ間が全然ないんです。
昔のビデオカメラだと歩きながら映像を撮影すると酔ってしいましたが、このビデオカメラはそんな心配が一切有りません。

まとめ

ビデオカメラは子供が生まれてから購入するよりも、貴重なマタニティーライフを楽しむ為にも直ぐに購入してもらいたい必須アイテムです。
そんなに高額なビデオカメラを用意する必要はありませんが、出来ることなら日本のメーカーのもので、人気のモデルを選びましょう。
マニアックな商品を購入すると、すぐに生産中止になりますので、必要なサブアイテムを購入できなくなりますから注意が必要です。
矢印 青 ビデオカメラを楽天市場でみる

スポンサーリンク