分娩入院用のパジャマ

スポンサーリンク

分娩入院用にパジャマを用意するというよりも、妊娠中に新調したパジャマを持っていくという感覚ですね。

分娩入院用のパジャマ

旦那さんのパジャマを借りていたり、病院によってはネグリジェの前開きを持ってくるように決まっている病院もあるので、新しく準備しなくてはいけない場合もあります。
また、私の出産する病院では分娩時に着るのも自分のパジャマなんだとか。手術着みたいなものかと思ってたのでびっくりしました。
それなら、なるべくかわいらしいパジャマで写真に残りたい!という願望も込めて私はパジャマ選びをしています。
(私の通う病院は、陣痛~出産のときは、カンガルーケアができるので前開き厳守だそうです。)
先日、病院で受講した入院説明では2着あればいいとのことでしたが、入院してすぐに着るパジャマは陣痛中も出産中も着ているので、着替えが1着しかないことになりますよね。産後スグは悪露(おろ)や授乳で汚しやすいということを考えると、最低3着は必要な気がしました。
しかも、2着というのは汚れ物を毎日誰かが洗濯して届けてくれる前提だと思われます。
院内に洗濯機と乾燥機があれば自分でもできますが、産後スグは立ち上がることができないほど身体が疲弊しているので、色々な状態を想定して多めに持っていかれるほうがいいと感じました。

私の妊娠中・分娩入院用のパジャマ

私は妊娠中にパジャマを5枚購入しました。
前開きやネグリジェといった指定はなかったものの、やっぱり使いやすいだろうと思ったので以下の条件で用意しました。

スポンサーリンク

  • 前開き
  • ワンピース(なるべく袖付き)
  • 明るい色
  • 綿100%!!

妊娠中の今一番ヘビロテしているのが、袖つきのワンピースタイプ(おばあちゃんが着ているような感じですが)。1枚だから洗濯がラクで、どの季節でも使えて何気にかわいい
現在 腹囲83cmですが、普通に売っているネグリジェのMでもお腹周りは余裕です。
それに対して授乳口つきのマタニティパジャマは、授乳口が使いにくくて前開きのボタンを外して授乳する妊婦さんばかりだとか。授乳口から胸が見えちゃってる方も多いらしいので要注意ですね。
あと、悪露で汚れるから黒などの暗い色を選ばれる方もいるみたいですが、そういう方はズボンだけ黒で上は明るい色のものを選ぶといいかもしれません。かわいい赤ちゃんが生まれる場所でダークなカラーはなんとなく不釣合いな感じがしますからね。
夏場限定かもしれないですが、妊娠中は体温が高くなるので夏は何をしていても汗をかきます。汗をよくすって肌触りがいい綿100%は意外と重要です。アカチャンホンポでお手ごろだからと購入しましたが、ポリエステル多め。しかも授乳口の部分の縫い代部分が乳首に当たって痛くて・・・・
自分でガーゼのバイアステープで乳首に当たる部分をカバーして着ていますが、妊娠中は色々と厄介ですね。いざ買おうと思うと店舗での取り扱いが少なくて探すのに困ったんですが、ネットならたくさん販売されていて店頭より1,000円ぐらい安く買えるものもありました。
矢印 青 前開きのネグリジェ 楽天市場

スポンサーリンク