USJワンピース・ウォーターバトル2016の感想や場所のまとめ

スポンサーリンク

USJのユニバーサル・ジャンプ・サマーのイベントの一つ、
ワンピース・プレミアサマー2016
ワンピース・ウォーターバトル」に参加してきましたので感想を紹介します!
内容の全てを書くわけではないですが、キャストの写真が載せてありますので
多少のネタバレになってしまう事をあらかじめご了承くださいませ。

ワンピース・ウォーターバトル2016年

(水が飛び散っているワンピース・ウォーターバトルの様子)

上の写真を見てもらってもわかる通りですが、
かなり水に濡れるショーとなっていますので、
近くで体験されるのであれば着替えを持っていく事をお勧めします!

1回の時間や、1日に開催される回数はどれくらい?

ワンピース・ウォーターバトルが一日に開催される回数は4回。
1回あたりの時間は20分程度だったと思います。

ワンピース・ウォーターバトル

上の写真は開催時間の15分前くらいの様子です。
既に結構な込み具合となっていますので、前の方で観ようと思われている場合には、
30分前くらいには場所取りをするようにしましょう。
水をかけあうだけのものではなく、
ストーリーのあるショーになっていますから「あっという間」に時間は過ぎていきます。
ショーのスケジュールは一週間から10日前に掲載されるので、
遊びに行かれる日程が決まったら
USJ公式サイトのスケジュールページをチェックしておきましょう。

雨天中止となりますのでご注意ください。

ワンピース・ウォーターバトルの開催場所

ウォーターバトル開催場所は、アミティ・ランディング・レストランのテラス前です。

アミティ・ランディング・レストラン

(アミティ・ランディング・レストランの入り口からショーをみた様子)

USJの入り口から進んでいくとジョーズのアトラクションの奥になります。

海軍の旗

海軍の旗が見えてくるのですぐにわかると思います。

ワンピース・ウォーターバトル

ワンピース・ウォーターバトルの開催場所が右奥に見えてきました。

ワンピース・ウォーターバトル開催場所

ショーの開催場所です。
今年は台が高くなっているようで遠くからでもショーが見えやすくなったみたい。

ルフィの手配書

この界隈にはワンピースの手配書がたくさん貼られていますので、
テンションもあがってきます。
全てのキャラクターの手配書をさがしてみるのも一つの楽しみになるかもしれませんね。

ワンピース・ウォーターバトルを観た!体感した感想は最高だった!

USJの夏のイベントは「ずぶ濡れ」に濡れるショーがたくさん開催されていますが、
我が家の感想としては、
ずぶ濡れ系の中では「ワンピース・ウォーターバトル」が一番楽しかった印象です。
どれくらい濡れるか?と言えば、以下の写真を見れば伝わるかと思います。
前の方にいれば、
絶対に着替えが必要となるくらい「ずぶ濡れ」になります。

<% pageTitle %>” /></p>
<p>ウォーターガンを使って水をかけてくるのはもちろんのこと、<br />
キャストが繰り出す技のタイミングで爆発が起こって水が飛んできたりします。</p>
<p class=<% pageTitle %>” /></p>
<p>ものすごーく単純ですが、バケツに水をいれてかけまくってきたりもするんで、覚悟が必要ですw<br />
我が家はカメラを使って撮影をしたかった事もあるので、<br />
2回ショーに参加させてもらって、1回目はちょっと離れた位置から観覧。<br />
2回目はショーの真ん前に陣取って参加させてもらいました。<br />
1回目の少々離れた場所からの閲覧だったんですが、<br />
道の幅が結構広いのにしぶきが飛んできましたw</p>
<p class=ワンピース・ウォーターバトル2016の会場

これぐらい離れていれば大丈夫です。
2回目はショーの間近で楽しませてもらいました。
カッパを着てガードをしていないと完全にずぶ濡れになってしまったと思いますが、
夏場なので濡れてしまっても結構楽しかったりしもします。
隣にいたきれいなお姉さんは、カッパも着ていなかったので
あまりの「ずぶ濡れ」に途中退散してしまったくらいですw
近くで見れば水も気持ちいいし、キャストの顔もしっかりと見えるし、ストーリーもあって最高。
ワンピースが好きなら是非参加してもらいたいショーになっていたと思います。

キャストは本物に似てる!声優は本物!

漫画を実写にした映画などを見るとがっかりする事の方が多かったので、
正直言って楽しめるかな・・・とおもっていたんですが、
USJのワンピース・ウォーターバトルは大丈夫と言うか、期待以上!
もちろん、ワンピース・プレミア・ショーも同様です。
その理由は割とキャストが似ているという事と、
声は本物の声優さんを使っているからだと思います。
キャストの方は口パクをしながら演技をする仕組みですね。
では、登場してきたキャストをキャラクター名にて順不同にて紹介します。

スポンサーリンク

コリーダコロシアム ギャッツ

まずは、コリーダコロシアムのギャッツ。このショーの説明をする為に最初に登場します。

ドンキホーテファミリーのラオG

続いて登場するのが、ドンキホーテファミリーのラオG。
水をバケツにいれてかけてきますw
ショーの最後の方では最終奥義も・・・

ドンキホーテファミリーのセニョール・ピンク

ドンキホーテファミリーのセニョール・ピンクも登場。
たわしで歯を磨いたり、顔を磨いたりするハードボイルドは、ここでも発揮されます。
めっちゃ似てますよねw

ドンキホーテファミリーのセニョール・ピンク

途中からこんな武器を持ち出して、お客に向けて水をかけていきます。

ドンキホーテファミリーのセニョール・ピンク

開催場所の正面でなければ濡れないかと思っていてはいけません!
結構サイドの方まで水をかけてきますので、スマホやカメラなどは注意してください!

最高幹部トレーボル

ドンキホーテファミリーの最高幹部トレーボルも同乗。
ねばねば・べとべとの大男は、ここでも活躍。
ルフィとのバトルでずぶ濡れに。最後はやっぱり・・・。

鮫切りバスティーユ

海軍「中将」の鮫切りバスティーユ。
写真が見づらくてすいません!前に身長が高い人が割り込んできたので撮れませんでした!w
特徴である「鮫切包丁」を武器に、攻撃をルフィに対して行いますが、
その衝撃が水となって自分たちにかかります。

ワンピース・ウォーターバトル2016のルフィ

そして、主役の登場ルフィです。歓声があがります。

ワンピース・ウォーターバトル2016のルフィ

写真ですと動きが伝わりにくいのですが、遠目で見ていると確かにルフィって感じでした。

ワンピース・ウォーターバトル2016のルフィ

こういったジャンプの仕方など、アニメーションのままって感じで入り込めます。
子供はルフィの登場に興奮気味で「あー!!あーー!!!」と叫んでいました。

ワンピース・ウォーターバトル2016の革命軍のサボ

革命軍のNo.2であり、ルフィの兄のサボ。イケメンです。
黄色い声が「キャーーーーーーー!」とあがりますw
もしかしたらサボの登場シーンが一番盛り上がってしまうのかもしれないくらいの声ですw

ワンピース・ウォーターバトル2016の革命軍のサボ

また声がいいので・・・そりゃー人気になりますよね。
サボを近くで観たい方は、ルフィの麦わら帽子をお客さんに預けるシーンがあるので、
会場に向かって左側に場所を陣取ると良いかと思います。
もしかしたら、サボから直接麦わら帽子を手渡される可能性もあります。

ルフィとサボ

ルフィとサボの競演です。原作の中ではそれほど絡んでいないので、
こういったシーンを見るだけでもワンピースファンは興奮しちゃうかもしれません。
ワンピース・ウォーターバトル2016年のショーが行われる会場から
5メートル以内の場所で観た場合には「ずぶ濡れ」は覚悟する必要があります。
が、終始楽しめるショーとなっていますので、ぜひこの夏にUSJに行かれるのであれば楽しんでみてください!

ワンピース・ウォーターバトル2016年の感想のまとめ

ワンピース・ウォーターバトル2016年が終了すると、
ルフィやサボなどのメインキャラクターは裏側へすっと消えてしまいます。
おっかけのようなファンがいらっしゃるようで混乱をしかねないからだと思いますが、
他のキャストの方は普通にウォーターワールドのほうへ歩いて帰っていきますので
上手くいけば一緒に写真を撮る事も出来るかと思います。

ワンピース・ウォーターバトル2016年終了後

我が家はセニョール・ピンクが好きなのですが、
何も気づかずにウォーターワールドのほうへ歩いていたら
後ろからセニョールが子供に迫ってきたのでちょっとうれしかったですw
上の写真は追い越していった後姿を撮影したものですが、
子供も興奮していましたw
我が家の子供は特にワンピースが大好きなので、
何も文句を言うことなく、濡れる事も楽しんでくれましたから家族としても大満足。
1回目のショーが結構楽しめたので
2回も観させてもらったくらいですからね。
2016年のUSJワンピース・ウォーターバトル、ぜひ皆さんも観に行って「ずぶ濡れ」を体験してみてください!
開催期間は2016年7月1日(金)~9月4日(日)となっていますのでお早めにどうぞ!

スポンサーリンク