白鳥公園(名古屋)は子供と遊べる?駐車場情報などのまとめ

スポンサーリンク

子供の遊び場として名古屋市内で「どこか良いところはないか?」と思いまして、
こどもとおでかけが出来る場所が複数載っている雑誌を購入してみると、
名古屋市の熱田区に「白鳥公園(しろとりこうえん)」がよいと書いてありました。

白鳥公園

そこで、実際に白鳥公園がどんなところで、
二歳児にとってどれくらい遊びやすいところなのかを
実際に遊ばせつつチェックしてきましたので紹介したいと思います。

子供が遊べる遊具は何があるのか?

白鳥公園の遊具

まず最初に飛び込んできたのは、こちらの大きな滑り台とジャングルジムが一緒になった遊具です。

白鳥公園の遊具

3人が同時に滑ることができる滑り台になっているので、結構な大きさです。

白鳥公園の遊具

ジャングルジムのスペースはこんな感じ。

白鳥公園の遊具

とはいえ、こちらの遊具は6~12歳用の遊具となっているので、
人が少ないときでないと小さな子供が遊ぶのは難しいのかもしれません。
なお、この撮影をした日には、
誰もいなかったので自由に遊ぶことができましたが、
夏場の人が多いときにも行きましたが、
明らかに6歳以下の子供が多かった印象があります。

白鳥公園の遊具

先ほど紹介した大きな滑り台の反対側には、こちらの小型サイズの滑り台もありました。

白鳥公園の遊具

奥には中型サイズの滑り台もあります。

白鳥公園の遊具

ぐるぐると回る形の滑り台もありますので、結構な時間をこの場所で楽しむことができます。

白鳥公園の遊具

大型の滑り台を上から撮影してみました。
大人が滑るには小さいですが、子供からしたら大迫力の滑り台だったようで、
何回も往復しながら楽しんでいました。

白鳥公園の遊具

ロープを掴んで遠くまでターザンごっこも出来ちゃいますが、
まだまだ2歳児には無理でしたw

白鳥公園の遊具

ブランコも当然設置!

スポンサーリンク

白鳥公園の遊具

大型のドラム缶をくり抜いたようなジャングルジムもありました。
これは二歳児にはちょっと危ない感じだったので遊ばせませんでしたが・・・。

白鳥公園の遊具

他にはロープで出来たジャングルジムらしきものもあり。
遊具がとにかく古いのが気になる・・・印象です。

白鳥公園のベンチ

ベンチやテーブルがたくさんありますので、お弁当を持っていけば1日楽しめそうです。

駐車場はあるの?

白鳥公園には残念ながら無料で駐車する駐車場はありませんでした。
有料であれば国際会議場や、
100円パーキングなどの駐車場がたくさんありますので、
車で行かれる方も問題はないかと思いますが、
国際会議場でコンサートがあると、
駐車する場所が一気になくなりますのでご注意ください。

白鳥公園では桜も楽しめます!

2017年の春には、白鳥公園で桜を楽しんできました。
花見を両親としようと言う事で、
クーラーボックスにお弁当と飲み物をいれて、レジャーシートの上でゆったり。

白鳥公園2017年の桜

白鳥公園ってこんなにも桜がキレイだったんだ!というくらい素敵で、
学生さんはもちろん、様々な方が花見を楽しんでいました。

白鳥公園2017年の桜

白鳥公園の隣には大学が出来たこともありましてか、学生が多い印象。

白鳥公園2017年の桜

子供も多少大きくなってきたので、花見を楽しむというよりも・・・
子供の滑り台遊びに付き合っていた時間のほうが
長かったような感じではありましたが楽しかったです。
白鳥公園は桜、花見も楽しめますので、
桜のタイミングで遊びに行ってみても良いかもしれませんね。

まとめ

名古屋市内で子供と遊べる遊び場というと、あまりない印象でしたが、
こちらの白鳥公園はなかなか良かったと思います。

白鳥公園

夏と秋、そして春に白鳥公園に行ってみましたが、なかなか楽しめました。

場所としては白鳥庭園の北側、国際会議場の南側と言った感じ。
もしよかったら子供と一緒に遊びに行ってみてください。

スポンサーリンク