MENU

<SPONSORED LINK>

赤ちゃん用の布団&ベッドの選び方を紹介!快適な寝具を探しましょう。

 

新生児の赤ちゃんにとって、眠る場所は1日の大半を過ごす場所となります。
それ故に、しっかりとしたものを購入してあげたいところですが、
大人の寝具とは選ぶ基準も違ってきますので、
こちらではそんな赤ちゃん用の布団&ベッドの選び方を紹介していきます。

 

 

赤ちゃんが眠るのに最適な場所とは?

 

と、その前に、赤ちゃんが眠る場所として最適な場所について考えておきましょう。
風通しが良くて直射日光は当たらないけど、日当たりが良い場所を家の中で見つけておいて、
その場所に布団やベッドを設置するイメージを持つと良いかと思います。

 

直射日光を目に浴び続けた赤ちゃんが失明してしまったという話を聞いたことがありますが、
これは直射日光があたる場所に寝具を置いてしまったといわれていますので、
まだ目の弱い赤ちゃんには直射日光が当たらないようにしておきましょう。

 

 

なお、季節によっても新生児にとって快適なお部屋の環境は異なってきます。

 

夏であれば、室温は27度前後、湿度は40〜50%くらいが良くて、
冬になると室温は22度前後、湿度は50から60%くらいがベストです。

 

 

 

ベッドと布団はどちらがオススメか?

 

これについては、それぞれのご家庭の間取りと、ライフスタイルにもよるかと思いますが、
それぞれのメリットとデメリットを知っておくことで判断基準が出来るかと思います。

 

  メリット デメリット
ベビーベッド
  • 眠る場所、位置が高いので、ホコリから赤ちゃんを守る事が出来る。
  • 柵がついているので、寝返りなどをしても落下する危険性がなく安心。
  • ベッドの上において置けるので、お母さんが自由に動く事が出来る。
  • 結構な大きさになるので、置く場所に困る。
  • 赤ちゃんを寝かそうと、ベッドに運んでいる際に落下させてしまう可能性がある。
  • ベビーベッドに相性が悪かった場合に、ベッドの上で全く寝てくれない可能性がある。
  • ベッドを使わなくなった後の処分が大変となる。
布団
  • 簡単にお掃除が出来るので、清潔に保つ事が出来る。
  • 赤ちゃんの寝ている姿を確認しやすい。
  • 移動が簡単なので、目の届く場所に寝かしつけておく事が出来る。
  • 寝る場所、位置が低いのでホコリを赤ちゃんが吸ってしまう。

 

我が家の場合は、
赤ちゃん用の羽毛布団を購入させてもらいましたが、その理由としては、
置く場所の問題が一番でした。

 

ベビーベッド自体、使わなくなった後が大変になってしまうし、
レンタルでもしようかと思っていた矢先、
結構大きな一軒家に住んでいる友人からも
「ベビーベッドは邪魔になるよ」との一言を頂いてしまい
移動も便利な布団のセットにしたのです。

 

実際問題、ベビーベッドを家の中に置こうと思うと、
かなりのスペースを必要としてしまいますので、我が家には邪魔だったのですが、
さらに友人のお宅の赤ちゃんはベビーベッドが気に入らなかったようで、
結局赤ちゃんの荷物を置く、荷物置き場になってしまったとも言っていたのが決め手になりました。

 

 

ベビーベッドはレンタルがオススメ

 

なお、ベビーベッドを選ばれる場合には、
購入する方法の他にもレンタルする方法もあります。
正直言ってベビーベッドを使う期間はそんなに長いものではないかと思いますから、
レンタルをしてしまって、期間が過ぎたら返却をするのが
後々の置き場所にも困らないので良いかと思います。

 

ベビーベッドを購入したご家庭は、
リサイクルショップやネットオークションで売られる方もいるようです。

 

 

 

<SPONSORED LINK>